ホーム » 女性に多いキャリアプランの基本

女性に多いキャリアプランの基本

働く女性が立てるキャリアプランとして、出産を転機として二分したプランを立てることが多いのが現状である。最も単純な計画方法であり、細かなことを決める必要がないことから、誰でも自分で考えられるのがメリットといえる。出産と育児のために休暇を取ることになるが、その前後で家族のあり方も変わってしまうことから仕事との付き合い方も変えざるを得ない。
出産前までの仕事でキャリア構築を行ったり、育児休暇後も働ける職場を選んだりするのが考え方として重要になる。また、育児休暇後の仕事のあり方を考えて転職を目論む場合も増えてきている。特に転職がしやすい業界で働くことをあらかじめ選んでおいて、出産前までは必死に働いて経験を積み、育児休暇後はゆとりを持って働けるようにするというキャリアプランを立てる女性も増えている。
一方、勤続年数のことを考慮してあらかじめ育児がしやすい待遇の職場を選んでおく用意周到な女性も少なくない。どのような道を歩んでいくにしても、働き続けていくためには目標管理が欠かせない。転機として出産を考慮しておくのは、人生でも大きな変化であることから合理的といえる。
育児休暇後のキャリアプランとして復職や再就職のタイミングを考慮しておくことも多く、あらかじめタイミングを決めておくことで速やかに仕事を始められるようになるケースも多い。成り行き任せにせず、いつ何をするかといった目標管理をすることが働く女性であり続けるためには重要なのである。

2018年8月
     
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031